FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護・施設

お年寄りの方々の世代と、現時点でのご時世は差異ます。

施設に入ると事を「施設に入れるなんて両親を廃棄する気か!」とおっしゃる方もおられますが、そのようなご時世ではないのです。

苦労して義母や義父の骨が折れるをみてきたという話は、私も幾度となく聞きました。

そのご時世を生きてきた方達にしてみれば、施設に入れる事は父母を見捨てる事だと思うのもわかります。

両親の意志に沿うのが我が子達の義務であるかのように刷り込まれてきたご時世であった為、理不尽をしてでも厄介を見るのが自然だと思われるかもしれません。

けれども時は流れています。

昔と異なる点直近ででは、施設に入る事が幸せだというご時世へ移り変わりしています。

現に、お金さえかければ優雅な暮らしを供給してくれる施設もあります。

施設は姥捨山という心象は落着され、父母の介抱に追われるご時世は変わろうとしています。

両親を大事にする事は大いにいい事ですが、必要にするのと言いなりになって甘やかすのは、ニュアンスが違う事を娘の立場としても知っておかなければなりません。

父母の事を思うのであれば、甘やかすだけではいけません。

時を見ては、両親の独立を促すためにも突き放す事も不可欠です。

煩わしいとか、うっとおしいという要因で突き放せば、それは悪い種を蒔く事になるので感心できませんが、両親のランク膨れ上がるを願い一本立ちを促すために突き放すのなら、さじ加減を間違える事もないでしょう。

この世に生きている時は、その意図が伝わらなくて反感を買うかもしれませんが、実のところに両親を想ってした事ならあの世に還った時にその意図も明白に伝わります。

例え現在現時点では恨まれる事であっても、その誤解はゆくゆく解けます。

成り立ちある思想を重んじるのも大事な時もありますが、ご時世は流れています。

実のところというご時世を生きているのはこのご時世ならではの学びがあるからです。

新しい良き思想を採りいれて、実のところのご時世だから可能なな学びをしていく事が私達には不可欠ではないでしょうか。

私に介抱が不可欠になったら、私は施設に入る事を求めるかもしれません。

世話をされる側からすると、「本人のケアで世帯に負担をかけたくない」「身内にいたずらをかけたくない」と考慮するかもしれません。

介抱する側にも、各々の生涯があるのに、その足を引っ張るくらいなら、私は施設で新たな生涯を歩む事を視野に入れると心積もります。

現に、施設に入所した方の多くが「辛いのは身内に嫌がらせをかける事だった。

身内をイライラさせるきっかけが本人にあり、施設に入ってホッとした」といったコメントも多くあるそうです。

看護をするのは実のところに大変な事だと腹積もりますし、感情的になってしまう事もあると腹積もります。

他にも、介抱される側も他人には素直に「ありがとう」が言えるのに、身内だと言えない事もあります。

介抱する側、される側にとって施設に入る事は決して悪い事だとは考慮しません。

その上、施設に入ってもらう事に罪悪感を感じる事もないと考慮します。

身内や娘がいるからと言って、老後の骨が折れるをみてもらおうと過剰な望みをするのは直近でのご時世如何にかと考慮します。

「本人の事は自らでする」という心構えは生涯必須であり、時が来たら自ら施設に入所可能ななようにお金を貯めておくなどしておくべきではないでしょうか。

その上、施設で新たな出会いがあり新しい一生を送ると考えれば、新たな満喫が生まれるでしょう。

人をあてにする一生で道を切り開く事はできませんが、先を見越して計画的な生き方をする事で一生を切り開いていく事ができます。

その上、人をあてにしていなかったのに寄り添ってくれる人ができたのなら、その時は心からの「感謝」が生まれるのではないでしょうか。

老後の事は誰もがおぼつかないに思うと心積もりますが、その時が来てもいいように元気なうちから、ご身内で話し合い仕込みをしておきましょう。

ケアをされている方の魂の学び自ら以外の兄貴がいるにも関わらず、なぜか自らが父母の看護を請け負っているという方もおられると考慮します。

そのような方は、父母のケアを経験する役目があったり、魂的に両親との縁が深いのだと腹積もります。

自らが何故もやらなければならないのなら、その事を受け入れて全うするしかないのです。

それが歩むべき道です。

全うする事が問題になっている時は、最後までやり切った暁には絶対ご褒美があると思っていいと考慮します。

人の世話をするというのは良い種を蒔く事になるので、それをやり遂げたら麗しいな花が咲きます。

目下までの苦労は、絶対添加となり返ってきます。

「そのようないい未来があるはずがない…」と思っていても、一寸先は闇と言われるように何があるかわからないのが一生です。

やり遂げた暁には何かしらご褒美があるとポジティブに受け止めるようにしましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。