FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護・結婚相手の理解

結婚相手に事情を話し共に骨が折れるを見てもらうか、結婚の機会を遅らせてもらうかなどする事です。

結婚しなくてもお付き合いを続ける事はできるなですし、父母の看護が終わってから共になるという選択の余地もあります。

こんな事を言うと「事情を話しても相手は待ってくれません。

逃げられます。

」とおっしゃる方がいると考慮します。

それならそうで冷静に心積もりてください。

事情を話し逃げていく相手を如何に考慮しますか?愛する人の両親が倒れて、世話を要する時に「そのような骨が折れるに巻き込まれるくらいなら別れる」という相手と一緒になって卒なくいくと心積もりますか?共に骨が折れるを見てくれる事は理不尽でも、待つ事は可能ななはずです。

それすらしてくれない相手は、自身の事しか愛せない自己中心的な人物と言えるのではないでしょうか。

現実に貴方の事を愛しているのなら、こんな訳で別れを切り出すはずがないのです。

貴女の背景にある事も含め、受け入れる決心を決めてくれる人でなければ、結婚をしても幸せにはなれないのです。

やっとの腹積もりで結婚相手を見つけたとしても、認識の得られない相手であればむしろ結婚しない事は正解で、ケアの事で相手の本質を見抜けてよかったというべきです。

看護か結婚で迷った時・施設への罪悪感は無用四六時中父母の擁護が必須になった時、なんとなく業務を辞めてまで両親の擁護をすべきか如何にかを頭を抱える方もおられると心積もります。

施設に入ってもらうか、自らが業務を辞めて介抱をするかの選択に迷った時…施設に入ってもらう事に、罪悪感を感じる方もおられるのではないでしょうか。

世間体を気にすれば施設に入ってもらう事は、人として冷たい事だと捉えられるのかもしれませんが、私はそのようには心積もりません。

業務を辞めたり減らしたりして、経済的に追い込まれてしまえば共倒れになってしまいます。

その時に、冷ややかな目で見ていた人達が助けてくれるわけでもないのです。

結局頼れるのは、自らです。

その事を考慮しても世間体よりも現実的に如何にするのが良いかを心積もりなければなりません。

家庭の事情は、諸々で経済的な事情もふんだんにです。

それを第三者がとやかく言うのはおかしな事で、結局のところ第三者は他人事です。

そのような第三者の考慮しで、歯車を狂わせる必須もないのです。

考慮しなければいけないのは現実的に如何にかという事、感情に流されるのではなく、理性的に心積もりた結果最善だと思われる道を選択する事。

そうする事で、正しい決心が可能ななのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。