FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽善のボランティア

ボランティアが偽善と言われるのは、上述のような打算的な心積もりがある事が「ボランティアなんて偽善だ」と言われるきっかけになっているのではないでしょうか。

加えて、ボランティアをする人は偽善者だと言い切ってしまう人は、それだけご本人が打算的な腹積もりで生きている見込みがあります。

そのような人は、「収入にならないボランティアをするなどあり得ない、ボランティアをする人は良い人に思われたいという打算的な腹積もりがあるからだ!」と捉えているかもしれません。

けれども、例え打算的な腹積もりでボランティアへ参加をしたとしても、何もしないで傍観者になるよりは良い決まっています。

どれほどのきっかけであれ、人に親身にする事は、いずれは本人に返ってきます。

話の流れからおわかりだと心積もりますが、ボランティアへ参加をしたケースは、決してひけらかしたり、自惚れては、そのありがたみが曇ります。

謙虚な態度で、ボランティアに参加をする事で、人は自然と認めてくれます。

私達は小我なので、もうに人にひけらかしたくなりますが、そのような自らがいる事を忘れずに、自制心を持って参加をして良い種を蒔きましょう。

世の中にある善意は偽善なのか?人は、この世に生まれている時点で、ありきたりに利己愛で生きています。

肉体を持ち自らという個にとらわれているのですから、自らがお薦め可憐と思うのは自然な事です。

それ故、見返りを求めない本当の善意よりも、見返りを求めている偽善が世の中には溢れていると言わざるを得ません。

けれども、偽善であれ「やらない善よりやる偽善」が素晴らしい事は言うまでもないのです。

本人を愛さず、人を愛する事はできません。

本人を大事にしないで、人を肝心にする事はできません。

人のために働く人も言うまでもなく、自らの利益があるから頑張れる原動力になります。

何もかも利益抜きにして行えば、生きてさえ行けなくなります。

それをただの偽善だと言うのは、殺生な話です。

偽善であれ善は善です、悪よりも良い事は言うまでもないのです。

善と偽善との狭間で私達は、自ら以外の人のために何かをやりたいという善意を育てています。

魂は、本当の善意を持つ事を目指して、この世の修行に参加しています。

少々でも本当の善意が芽生えたなら、それは魂がレベルアップしている証拠で、素晴らしい事だと腹積もります。

わずかでも本当の善意を育む心を育てましょう。

気になるサイトはスピマイ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。