FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットとの出会い

人がペットを育てる事は、子供の世話と同じで魂のボランティア活動になります。

人が我が子を産むか産まないか決められるのと同じで、ペットを飼うか如何にかも人が決めるものです。

自らで産んだわけでもないペットに愛情を注ぎ、身内としての絆を築く事が可能ななのは、人で言えば養子縁組に似ているのかもしれません。

ペットを世帯と腹積もり育てている方は、数多くおられると腹積もります。

血の繋がりなど係りなく、立派な身内なんですよね。

スピリチュアルでは、魂のパワーアップの最終形態が人になります。

動物は、そのうちに人に脱却するために輪廻転生を繰り返しています。

動物が人と関わる趣旨として、動物には「人を勉学する」という意味合いがあります。

ペットして人に飼われたのなら、人を学ぶために最適な環境を手にした事になります。

動物にとって人に飼われる事は大きな学びになります。

言うまでもなく、飼われたペットにだけ学びがあるのではないのです。

開始出来に述べたように、血の繋がりのないペットを可愛がる事は、人にも学びがあります。

人は、愛される事で愛を学ぶだけではなく、愛する事で愛を学ぶ事もできます。

ペットは、与える愛について勉学する事ができます。

その愛が原動力となり、業務を頑張れたり、住居に帰るのをエンジョイにしたり、ペットの事を考慮して癒されたり、現実に数多くな加味の感情を与えてくれると心積もります。

これは私ごとですが、まだ私が小学校にの頃に猫を飼っておりました。

学校から帰ると、いつも出入り口に座って待ってくれている猫でした。

いつも出入り口にいるので、いつも出入り口にいるのか母に訪ねると、そうではないそうです。

母が言うには、私が帰ってくる直前に戸口に来るそうです。

目で見えなくても人が発する電磁波??何かを感じて帰って来る事がわかるようでした。

私は、そのような猫を我が子ながらに可愛がり、それに応えるかのように懐いてくれた事を思い出します。

娘ながらに、動物にも性格や心がある事を学び、人と同じで命がある事を学びました。

愛情を注げは、愛情が返ってくる事を勉学しでいたように心積もります。

ペットを飼って愛情を注ぐ事は、愛を学ぶのに適していますね。

他にも年月が流れ、ペットとの死別も経験します。

その経験が、命の尊さを教えてくれます。

身内のように、共に生涯てきたペットが死亡した事は大いに悲しい事ですが、いつまでも悲しんでいては、ペットの成仏を妨げる事になります。

悲しみ溢れる事は仕方がないのですが、共にした時に感謝して、しばしの別れだと心積もり気を落ち着けなければなりません。

あの世に還ればその上会えます。

それまでの別れです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。